Belugaブログ

> ブログトップヘ

このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶にしっかり残るfacebookキャンペーンをするために重要なポイント!

2014.12.28UP

facebookページを運用し初めて、これまでいくつかのキャンペーンを実施してみたけど、 盛り上がるのはキャンペーンの時ばかりでそれ以外は思ったような成果が得られない・・・

なんて嘆いていらっしゃる企業担当者さんは多いと思います。

そうなってしまわないために、しっかりと印象に残るキャンペーンをするためのポイントはなんなのか、ということについて少し一緒に考えてみませんか?

まず、1つ目のポイントとして挙げられるのは 「考えてもらうキャンペーンであること」なのだそうです。

たとえば<「●●●は最高!!」の●●●の部分を考えてください>といったものですね。 考えてもらう時間の長さは、キャンペーンやブランドを印象付けられるかどうかに深く関連しているのだそうですから、選択肢などを用意したクイズ形式のものよりも回答の自由度の高い、 思わず「いいもの考えるぞ!」と思わせられるものにするといいと思います。

そして2つ目のポイントとしては 「視覚に訴えられるキャンペーンであること」なのだそうです。

どういうことなのかというと、目で得た情報というのは記憶にしっかりと残りやすい性質なのだそうですから、例えば先にあげた1つ目のポイントの回答と同時に、 <いくつかの用意した画像の中から背景を選んでください>といった風に、一緒に考える時に背景としてチョイスする画像をイメージとして残してもらおうという作戦ですね。

こういった画像と、文言を考えるということでしっかりと考えて作ったものだから、 せっかくならシェアして友達にみせてみよ!!となることが多いようですから、 より一層、広がりも期待できますよね。

さらにブランディング効果を狙うのに有効なポイントしては 「思い出すきっかけを作っておくこと」なのだそうです。

せっかく考えて参加したキャンペーンでも、そのままでは期間が過ぎれば記憶も薄れてきてしまうもの。 そこで、例えば<●●月●●日は▼▼の日!>のような記念日であったりなにかきっかけとなるようなことをキャッチコピーのようにしてキャンペーンを開催する、というのもかなり有効なようですから、覚えておくといいのではないでしょうか。

こういったポイントをしっかりと考えてキャンペーンを行うことで、より有効なキャンペーンを開催することができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:ブログ
page top